2013年04月20日
siori.png

【将棋・電王戦第5局】第5局もソフトが勝利 団体戦、人間側が敗北


 将棋の現役プロ棋士5人と五つのコンピューターソフトが団体戦形式で戦う「第2回電王戦」の最終第5局が20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館であり、「GPS将棋」がA級棋士の三浦弘行八段に勝った。これによりソフト側の3勝1敗1分けとなり、人間側の団体戦敗北が決まった。


 人間側は第1局で先勝したが、第2局では現役プロが公式の場で初めてソフトに敗北。第3局も逆転にて敗北し、第4局はかろうじて引き分けに持ち込んだ。

 GPS将棋は昨年の世界コンピュータ将棋選手権で優勝したソフト。名人挑戦権を争うA級棋士の一人、三浦八段を相手に攻めきった。

 三浦弘行八段は1996年には当時の羽生善治七冠から棋聖を奪ったプロ棋士。猛勉強家で、終盤の読みに定評がある。今期順位戦でも羽生三冠(42)に唯一の黒星をつけている。

コメント:ついに将棋ソフトが、トップレベルのプロ棋士の方に勝てるレベルになってきたということですね。今回は楽しませてもらったので、できれば電王戦第三回も行って欲しいですが、どうなるでしょうね。

将棋電王戦、第5局もソフトが勝利 団体戦、人間が敗北
http://www.asahi.com/culture/update/0420/TKY201304200181.html

将棋電王戦、最終局もソフト勝利 プロ棋士、団体戦敗北
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130420-00000006-asahi-ent


posted by なおゆみ at 19:15 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。