2013年03月30日
siori.png

【コラム】ハードディスクが発生した場合のデータ復旧方法は?


ハードディスクが壊れた場合、誤ってデータを削除した場合などに、ハードディスクからデータやファイルを復旧・復元して欲しいと、ユーザから問い合わせを受けることがたびたびある。しかし、昨今のセキュリティ意識の高まりに伴い、これらは難しく、時間がかかる状況になりつつある。それはなぜだろうか。


1.復号化


復旧を難しくする理由の一つは、昨今の個人情報保護及び、秘密情報保護意識の高まりから、外部に持ち出すハードディスクが暗号化されているケースが多いからだ。

いくら優秀なデータ復元ソフトウェア、ファイル復旧ソフトウェアを利用しようとも、暗号化されたデータ、ファイルには手が出せない。逆にそれでデータが復旧できるならば、暗号化など、なんの意味もないということになる。

データ、ファイルを復旧させるには、まずはハードディスクを復号化しなければならない。これには、一般的に非常に時間がかかると共に、そのソフトウェアベンダのサポートが必要となることが多い。

2.ファイルの復旧、復元


ハードディスクを復号化したら、ようやくファイル復旧ソフトウェアなどの出番となる。しかし、こちらもハードディスクに問題がある場合は、リトライ(再読込)が多発して非常に時間がかかる。また、昨今のハードディスクの大容量化に伴い、ハードディスク内の全データの復旧、復元には膨大な時間がかかるのが実情となる。

3.対応時の鉄則


基本的に問題のあるハードディスクへのアクセスは極力控えなければならない。ハードディスクに問題がある場合の多くは、利用すれば利用するほどハードディスクの不良部分が増えていくからだ。また、利用することで削除されたデータが残っている領域に、新たなデータが上書きされてしまうことがある。そうなると、そこに記録されていたデータを復元することは不可能となるからだ。

このため、問題となるハードディスク以外の外部記憶媒体(CD, DVD, USBメモリ等)からデータ復元ソフトウェアを起動し、復元したデータについてもUSB外付ハードディスク等の問題のあるハードディスク以外に対して保存するのが鉄則である。

4.最後に


しかし、対応に自信がない場合、非常に重要なファイルを復旧させたい場合、ファイルサーバの様な複雑なシステムのデータ復旧については、専門のデータ復旧サービスにお任せすることをお勧めする。

ファイナルデータ 10plus 特別復元版

新品価格
¥7,828から
(2013/3/30 21:06時点)




posted by なおゆみ at 20:45 | Comment(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい方法ですね。
勉強になりました!
ありがとう!
Posted by マルコ at 2013年04月15日 18:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。