2013年07月11日
siori.png

7インチ1万2980円の格安タブレット「Dignnos Tablet」が7/24に発売 サードウェーブデジノス


diginnos.jpg サードウェーブデジノスが、AndroidのWi-Fiタブレット「Diginnos Tablet」2種類を7月24日に発売する。7インチ液晶の「Dignnos Tablet DG-D07S」は1万2980円、10.1インチ液晶の「Dignnos Tablet DG-Q10S」は1万9980円。



Diginnos Tabletとは?


 「Diginnos Tablet」は、ドスパラ20周年を記念して発売され、1万円を切るコストパフォーマンスの高さで注目された「ドスパラタブレット」の後継機。サードウェーブデジノスは、今回投入する新モデルも、価格以上の性能・機能を備えた“遊べるタブレット”と言い切っている。予約先着600名(ドスパラ各店舗300名、ドスパラ通販300名)を対象に専用保護シートがプレゼントされるとのこと。

Diginnos Tablet DG-D07Sのスペック


 5点マルチタッチの7インチ1280×720ドットのディスプレイを搭載。OSはAndroid 4.2で、プロセッサはRockchip RK3168(Cortex-A9のデュアルコア+PowerVR SGX540)、メモリは1GB、ストレージは8GBとなる。Google Playには非対応。

 通信機能は、IEEE802.11b/g/nとBluetooth 2.1+EDR。メインカメラは約200万画素、フロントカメラは約30万画素。microUSB端子や最大32GBまで対応するmicroSDHCカードスロット、miniHDMI、加速度センサー、スピーカー(モノラル)、マイクを搭載。

 大きさは約191×113×7.9mmで重さは約272g。3000mAhのバッテリーを内蔵し、連続動画時間は約4.5時間。外装はアルミ合金製とのこと。

Dignnos Tablet DG-Q10Sのスペック


 10点マルチタッチの10.1インチ1280×800ドットのディスプレイを搭載。OSはAndroid 4.1で、プロセッサはRockchip RK3188(Cortex-A9のクアッドコア+Mali-400MP4)、メモリは1GB、ストレージは16GBとなる。Google Playには非対応。

 通信機能は、IEEE801.11b/g/nとBluetooth 4.0。メインカメラは約200万画素、フロントカメラは約30万画素。microUSB端子や最大32GBまで対応するmicroSDHCカードスロット、miniHDMI端子、ヘッドフォン出力、加速度センサー、スピーカー(モノラル)、マイク搭載。

 大きさは約263×176×8.5mmで重さは約544g。6000mAhのバッテリーを内蔵し、連続動画時間は約7時間。





7型/10.1型のAndroidタブレット「Diginnos Tablet」が登場
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1307/11/news070.html

7インチ1万2980円、10インチ1万9980円のタブレット
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130711_607337.html?ref=rss


posted by なおゆみ at 20:38 | Comment(0) |  格安タブレット・aPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。