2013年12月01日
siori.png

3G SIM対応で通話ができる中華タブレットが発売されている


Support-Multi-language-7-3G-font-b-Tablet-b-font-Pc-Cube-Talk-7-U51GT-Cortex.jpg 3G通信機能に対応しており、これで通話もできるという中華タブレットが日本で発売されている。発売されたのは7インチサイズの「Cube Talk7(U51GT)」(実売価格11,580円)と、7.9インチサイズの「ONDA V819 3G」(実売価格19,800円)の2種類。(画像はU51GT)




 販売が確認されているのは秋葉原の東映ランドで、両モデルとも海外からの直輸入品とのことで、対応する通信規格はWCDMAとGSMとなっているが、「通信機能について国内での利用は動作保証外」となっている。

 ただし、両端末ともに通話用のアプリケーションがインストールされているが、本体下部にマイクの穴は見当たららないとのこと。

 Cube Talk7(U51GT)の主な仕様は、ディスプレイ解像度が1,024×600ドット、搭載CPUがMediaTek MT8312 1.3GHz動作品(デュアルコア)、搭載メモリが1GB、ストレージ容量が4GB。

 V819 3Gの主な仕様は、ディスプレイ解像度が1,024×768ドット、搭載CPUがMediaTek MT8389 1.2GHz(クアッドコア)、搭載メモリが1GB、ストレージ容量が16GB。

 両モデルともBluetoothやGPSが搭載されており、Google Playインストール済となっているとのこと。

タブレットPC ONDA V819 mini 四核 7.9インチ 1024×768 Android4.2.2 自然な日本語フォント日本語入力 Googleプレイ対応 日本語説明書

新品価格
¥15,980から
(2013/12/1 23:17時点)




マイクがないということは、通話は、BlueToothヘッドセットで行うのでしょうかね。しかし、タブレットで通話したいと思う人は少ないと思いますが。。。


通話もできる3G対応の中華タブレットが2種登場
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/product/each/20131130_625822.html


posted by なおゆみ at 23:19 | Comment(0) |  格安タブレット・aPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。