2014年07月29日
siori.png

エプソンが10.1インチ液晶搭載Win8.1タブレット販売【Endeavor TB20S】


Endeavor TB20S.jpg エプソンダイレクトは、10.1型液晶を搭載しながら3万円台という低価格を実現したWindowsタブレット「Endeavor Sシリーズ TB20S」について、7月29日より直販サイトで受注開始した。TB20Sは、グレア仕様の10.1型WXGA(1280×800ドット)液晶を搭載したWindowsタブレットで、OSは64bit版「Windows 8.1 with Bing」となる。



 ラインアップとして、ストレージが32GB SSDでOfficeソフトなしのエントリーモデルと、ストレージが64GB SSDで「Office Home and Business 2013」付きのスタンダードモデルの2機種が存在している。それ以外の仕様は共通となっており、CPUが「Celeron N2807」、メモリーが2GB DDR3Lとなる。また無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を搭載する。

 インターフェイスは、microUSB 2.0×1、microHDMI×1、microSD(SDHC/SDXC対応)カードスロット×1、ヘッドホン・ヘッドホンマイク共用入出力×1を装備。バッテリー駆動時間は約4.6時間。本体サイズは258(幅)×11(高さ)×173(奥行)mm。重量は約690g。

直販価格は、エントリーモデルが35,000円(税抜)より、スタンダードモデルが43,000円(税抜)からとなっている。USB3.0対応 有線LANアダプターがオプションとはいえあるのが特徴で、無線LANが使用できないオフィスでも有線LANにてネットワークを利用できるという。しかし、使用の際にはオプションのマイクロUSB変換アダプターが必要となり、通信速度はUSB2.0での動作という謎な仕様となっている。

 ・・・仕方ないかもしれませんが、タブレットはどれも外見がそっくりで、スペック以外(特に見た目は)おおきく変わらないですね。PCほど自由にデザインしづらいかもしれないですが、なんとなく個性がなく残念です。。。


エプソン直販サイト
http://shop.epson.jp/pc/note/tb20s/



posted by なおゆみ at 22:12 | Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。