2014年09月14日
siori.png

【自作スリムPC】薄型ドライブ搭載可能なベアボーン「Shuttle XH81」発売


shuttle_xh81.jpg PCが安価になり、対抗勢力ともなるタブレットが普及してくる中、PCを自作したいというニーズは少なくなってきていると思われる。実際にそのようなベアボーンキットはNUC意外には減ってきているようだ。しかし、NUCにはドライブを内蔵できないという問題がある。




 ノートPC全盛のこの時代にデスクトップ機を求めるのは、そもそも一部のユーザだけかもしれない。しかも、その中でドライブはUSB接続でなく内蔵がよいというのは少数派かもしれないが、少なくとも私個人的には魅力を感じる。

 ものぐさかもしれないが、使うときだけドライブをひっぱりだしてきて、その後片付けるのがなんとなく面倒なのだ。とはいえ、USB接続されたドライブを放置しておくのは見栄えがわるい。そういうタイプの人間には、すこぶる都合がよいといえる。

 しかも、NUCには拡張性がまったくないが、「XH81」にはスリムPCの割には拡張性がある。スリム型ドライブ以外にシャドウベイには2.5インチドライブx2を搭載可能で、さらにmSATAスロットまで備えており、キューブ型PCに匹敵する拡張性を備えているところがウリだ。

 この時代、拡張性を犠牲にしたキューブ型でも大きいよと思うが、スリム型でここまでの拡張性があれば、久しぶりに自作してみようかと思わせる仕様となっている。個人的には、HDMI+DVIとして欲しかったが、DVIポートはなく、Displayポートとなっている。(Displayポートは4K対応)

 9月12日に発売され、実売価格は2万1000円前後とのこと。


※上記画像をクリックで、販売サイトにジャンプします。

 もう自作はいいかと思っていましたが、これが最後かと思いつつも作ってみたくなる製品といえます。第四世代CPUの「Haswell Refresh」にも対応しているということで、購入後もかなり長く使えそうですね。あまり自作するメリットを感じなくなってきたので、本当にこれが最後かも?と思ったりします。本格的なゲーマーな人や、パーツをいろいろといじるのが好きな方、アヤシイ拡張カードを利用したいという方でなければ、自作する時代じゃないという感じですよね。


Shuttle XH81
http://www.shuttle-japan.jp/barebone/value/xh81


posted by なおゆみ at 21:50 | Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。