2014年12月16日
siori.png

請求書に注意?請求書にみせかけたスパムメールが増加中!


a0001_017638.jpg トレンドマイクロは10日、請求書に偽装したスパムメールがここ数日急増しているとして、注意を促す情報を公開した。年末を迎えて、クリスマスや第三四半期の締めなどを狙って、同種の攻撃が増える可能性がある。





 同社公式ブログに掲載された記事によると、12月8日以降、オンラインショッピングなどの請求書に見せかけたスパムメールが急増しているという。同社の統計によると、12月8〜9日の2日間だけで、メールに添付された不正プログラムが国内の800台以上から検出されていたという。

 スパムメールは「2014/12/8付ご注文」といった件名で、「請求書_8_12_2014.rtf」などのRTF形式の文書ファイルが添付されている。添付ファイルの文章内のアイコンをダブルクリックすることで、第1段階の不正プログラムが起動、さらに別の不正プログラムをダウンロードする。第2段階としてダウンロードされたプログラムは、プロキシの自動設定に使用されるファイル「proxy.pac」を含んでおり、不正サイトへの誘導や情報を盗み取る攻撃などが可能となっており、日本国内の銀行とのやりとりを行う情報を不正に取得する狙いのものと想定される。

 トレンドマイクロでは、いつもと異なる様式の請求書メールなど、不審なメールや添付ファイルは受信しても開かないよう注意を呼びかけている。


posted by なおゆみ at 08:42 | Comment(0) |  事件・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。