2015年01月11日
siori.png

Windows7のメインストリームサポート終了日は、2015年1月13日


 win7.JPGWindowsXPのサポート終了から間もないが、Windows7のメインストリームサポート終了について、マイクロソフトが案内した。延長サポートが今後5年間提供されるが、仕様変更や新機能のリクエストへの対応は終了となり、無償のサポートも受けられなくなるという。



 実際のところ、延長サポート期間になることで変わる部分は何になるか確認してみると、あたりまえだがセキュリティ更新プログラムは今まで同様に提供されるということだ。しかし、新たな機能の追加、不具合の修正等はおこなわれないことになる。

 たとえばInternetExplorerについても、現在Windows7ではバージョン11までリリースされているが、今後リリースされる予定のInternetExplorer12については、リリースされないということのようだ。Windows7に関しては、IEのことだけを考えるならば、IE11以降のブラウザは気にする必要はないということかもしれない。

 これらについての詳細は、以下のマイクロソフトのサイトに詳しく記載されているので、気になる方は確認したほうがよいかもしれない。

Windows のサポート期限
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/eos/consumer/default.aspx


posted by なおゆみ at 16:44 | Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。