2015年02月28日
siori.png

WOWOWが2月10日より、不正・改造B-CASカード対策開始!


bcas.jpg WOWOWが、不正B-CASカード対策として、2015年2月10日の4:00からのキーを変更したことにより、BlackCAS、不正B-CASカードなどにて、WOWOWが録画・視聴できなくなっているとのことです。WOWOWだけが対策できたのは、B-CASカードを利用する有料放送の中で、WOWOWが唯一スカパー!を経由しない局だからこそ、実施可能だったのではといわれています。



 不正B-CASカードは、それぞれ「CYBER-CAS」「BLACK-CAS」「暗号解読版B-CAS」といった怪しい名称で販売されていたもので、過去には1枚あたり2万円後半程度の価格にて販売されていたもの。その他には、2038年まで無料視聴期間をのばすという改造カードなども含まれている。

 WOWOWは、視聴するためのスクランブル解除信号を一年に一度送信する運用をとっており、これにより新しいキーへの書き換わりが完了するのを待って、今回の変更に踏み切ったと思われる。今回対策が成功したことによりスカパー!等についても、同様の対策を行うかもしれない。

 どうやらこの件は、改造B-CASカードを利用したユーザが、2月10日以降の録画予約ができないことにより、対策の実行は予想されていたようだ。ただし、WOWOWからの公式発表はないため、対策の内容は想像に留まるもよう。

参考:不正B-CASカードで書類送検!不正販売には注意を 購入者を脅す事例も
http://syskanri.seesaa.net/article/380333801.html

参考:改造B-CASカードをめぐる不正請求が多発!高額な示談金を請求か?
http://syskanri.seesaa.net/article/367121466.html


posted by なおゆみ at 20:42 | Comment(0) |  事件・セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。