2016年01月13日
siori.png

【WindowsUpdate】2016年1月更新は、「緊急」が6件「重要」が3件


WindowsUpdate.jpg マイクロソフトは米国時間の1月12日(日本時間では1月13日)、9件の月例セキュリティ情報を公開した。内訳としては、緊急が6件、重要が3件となり、件数は前月から減少している。




 以前から増加しているリモートでのコード実行に対応するセキュリティ更新プログラムについて、今月も5件存在しており、その影響が大きいことが分かる。何ヶ月も続くこの問題はいつごろ落ち着くのか、気になるところだ。MS16-009については、リリースに間に合わなかったのか、1月の更新の中には含まれていない。おそらく、翌月にリリースされるものと思われる。

■緊急
MS16-001 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3124903)
MS16-002 Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3124904)
MS16-003 リモートでのコード実行に対処する JScript および VBScript 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3125540)
MS16-004 リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3124585)
MS16-005 リモートでのコード実行に対処する Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム (3124584)
MS16-006 リモートでのコード実行に対処する Silverlight 用のセキュリティ更新プログラム (3126036)

■重要
MS16-007 リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム (3124901)
MS16-008 特権の昇格に対処する Windows カーネル用のセキュリティ更新プログラム (3124605)
MS16-010 なりすましに対処する Microsoft Exchange Server 用のセキュリティ更新プログラム (3124557)

2016 年 1 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms16-jan.aspx
posted by なおゆみ at 00:00 | Comment(0) |  Windows Update | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。